さいたま市市民活動サポートセンター さポット支援情報【環境保全】第34回「イオン環境活動助成」2024年度/イオン環境財団[締切:2024年7月31日]

【環境保全】第34回「イオン環境活動助成」2024年度/イオン環境財団[締切:2024年7月31日]

更新日:2024年06月23日

【概要・趣旨】

設立以来、一つしかない美しい地球を次代に引き継ぐため、国内外のステークホルダーと連携し、様々な環境活動を継続実施して参りました。現在は「植樹」「助成」「環境教育」「パートナシップ」という 4 つの主な事業を推進しており、持続可能な社会の実現を目的に、新たな里山づくりにも取り組んでいます。

本年は、引き続き「里山コモンズの再生」をテーマに助成先を募集し、各地域に根ざした NPO・NGO をはじめ、多様なステークホルダーの皆さまと連携協働して、地域が求める「生物多様性に寄与する里山づくり」に取り組んで参ります。

【助成金額】

総額:1億円

【募集期間】

2024年6月1日(土)から7月31日(水)まで

※この助成事業の応募・申請はすでに1年以上の実績必要です。

※申請は、 Web申請のみです。

               

詳しくは募集要項詳細をご確認ください。

https://www.aeon.info/ef/pdf/public_offering/34th_koboannai.pdf

外部リンク
実施団体
公益財団法人イオン環境財団
助成対象

■テーマ
「里山コモンズの再生」
かつて、地域で大切にされてきた里山は、様々な課題をかかえ、人と自然の共生関係が崩れかけています。過度の開発などによる荒廃や、人手が入らず放置された現在の里山の課題を解決するため地域内外の多様な人々と連携した、里山の保全・修復・活用への取り組みが重要となっています。

■活動分野

  1. 植樹を含む里山の修復
    • 活動の例:地域で開催される植樹活動を含めた里山の修復活動
  2. 里山の伝承
    • 活動の例:地域の伝承・文化交流につながる環境活動
  3. 被災地の里山復興
    • 活動の例:地震・大雨・津波などで被災した里山の復興活動
  4. 自然環境教育
    • 活動の例:地域の子供たちや住民への環境教育、自然体験の提供
  5. 野生動植物・絶滅危惧生物の保護
    • 活動の例:絶滅危惧種の保護や生物多様性の保全に貢献する活動
問い合わせ先
公益財団法人イオン環境財団
助成事務局
〒261-8515
千葉市美浜区中瀬1丁目5番地1
TEL:043-212-6022
※ 平日9:00~17:30(祝日を除く)
E-mail:aeonzaidan@email.aeon.biz
募集期間
2024年06月01日(土)~07月31日(水)
応募締切日
2024年07月31日

この情報は、「さいたま市市民活動サポートセンター」により登録されました。

この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています