さいたま市市民活動サポートセンター さポットさいたま市市民活動サポートセンター支援情報【保健・医療・福祉、子どもの健全育成・市民活動全般】2024年度「つなぐ助成」/つなぐいのち基金助成金 [締切:令和6年6月30日]

【保健・医療・福祉、子どもの健全育成・市民活動全般】2024年度「つなぐ助成」/つなぐいのち基金助成金 [締切:令和6年6月30日]

更新日:2024年05月14日

【概要・趣旨】

本事業は、児童の社会的養護施設や養護施設に入居する児童、難病児、一人親・里親・貧困家庭の児童など、社会的ハンデキャップを抱える子どもたちを支援する団体や事業プロジェクト(以下、「児童支援団体」とする)に助成を行うことにより、児童の心身の健全な育成に貢献することを目的として、この目的に合致した、優れた活動及び、これを推進する団体機関を支援するための助成先募集を行います。

【助成金額】

助成金総額:300万円

1団体20~50万円 の単年度での助成金を支給します。

【応募方法等】

「助成金 仮申込書 フォーム」への入力及び「正式申請書」のEメール送信の方法のみ

※(仮申込エントリーは 6月23日(日曜日) 23時59分まで)
「仮申込」後に「正式助成応募申請書」のメール提出にて応募が完了となります。

 

 

詳しくは募集要項詳細をご確認ください。

https://tsunagu-inochi.org/notice/application-for-grants/

外部リンク http://tsunagu-inochi.org/notice/application-for-grants...
実施団体 公益財団法人つなぐいのち基金助成金
助成対象

当基金の助成は、わが国における社会福祉活動を行う民間の団体が企画する案件(車両、備品、機材等の購入、施設改修、イベント・講座、出版、調査研究など)で、次の条件を具備するものを対象とします。

  1. 申込者(実施主体)は、原則として社会福祉法人、NPO法人など非営利の法人であること
    (ただし、法人でない場合でも、3年以上の継続的な活動実績があり、組織的な活動を行っている団体は対象とする)
  2. 明確な目的を持ち、実施主体、内容、期間が明らかであること(内容が不統一とみなされる場合は採択の対象となりません)
  3. 助成決定から1年以内に実施が完了する予定のものであること
    2024年12月から2025年11月末の1年間で、申込案件が実施・完了される事業が対象
  4. 家賃・光熱費・人件費等、一般経費の補填でないこと
  5. 申込案件に、国や地方公共団体の公的補助が見込めないこと、また他の民間機関からの助成(クラウドファンディング、寄付を含む)と重複しないこと

    次の条件を全て満たす団体を対象とします。

    (1) 日本国内を活動の場とする、下記のいずれにも該当する団体であること

    1. 社会福祉法人、NPO法人、任意団体等 (NGOやボランティア団体等)
    2. 活動開始後1年以上の活動実績を有する団体(申請時点)
    3. 法人の場合は、基準日: 令和6年4月30日時点で登記が完了していること。

    (2) 次のいずれかの活動を行う団体であること

    1. 子どもたちが地域社会などと関わりながら、より人間らしく健全に成長できるための直接支援活動
    2. 単発的レクリエーションではなく、社会的ハンデを抱えた子どもたちの中長期的生育環境改善活動
    3. 助成によりどのような点が充実、発展するのか、成果(課題明確化含む)が明確である活動
    4. 新たな子どもの支援についての調査・研究、啓発活動など
助成金額 21~50万円
問い合わせ先 【WEBフォームお問合せ先】
公益財団法人 つなぐいのち基金 助成選定委員会 事務局
お問合せフォーム
http://tsunagu-inochi.org/contactus/
【Eメールでのお問合せ・助成募集窓口】
助成金の使途の制限、PCやブラウザ環境によりWEBエントリーができないなどの場合は、下記のメールアドレス宛にご相談ください。(電話でのお問い合わせはできるだけお控えください)
宛先アドレス: entry@tsunagu-inochi.org
メール件名:【助成募集問合せ】貴団体名
※ 原則メールにて返信しますが、念のため必ずご連絡先のお電話番号をお知らせください。
募集期間 2024年03月28日(木)~06月30日(日)
応募締切日 2024年06月30日

この記事を見た人はこんな記事もチェックしています