• HOME
  • 市民活動サポートセンターとは?

市民活動サポートセンターとは

だれもが豊かに安心して暮らす地域や社会をつくるためには、市民の力が欠かせません。さいたま市は「市民と行政の協働」でまちづくりを進めることをうたい、行政まかせではなく、地域や社会のさまざまな課題を解決するために、たくさんの市民が自主的・自発的に取り組んでいます。
市民の活動を活発にするための資金や場所、人手や技術、知識や情報など、不足しているものがたくさんあります。 さいたま市市民活動サポートセンターは、さいたま市内でNPOやボランティア団体、自治会などの市民活動を行っている団体や、これから地域で活動を始めたいと思っている市民を応援するためにできた施設です。

《さいたま市市民活動サポートセンター》は、
非営利で公益的な市民の自主的な活動を応援するための施設です。

非営利で公益的な活動のための施設です
 さいたま市市民活動サポートセンターは、地域や社会のさまざまの課題の解決をめざして、自主的に非営利で公益的な活動する市民活動団体(NPO・ボランティア団体・自治会など)や、これから市民として地域や社会のための活動をはじめようと考えている市民を支援するための施設で、次の3つの理念を掲げています。
1.すべての市民に開かれています。
2.市民とともに成長します。
3.集まりやすく居心地のよい場所をめざします。

市民活動を応援するさまざまな機能があります。
 活動の紹介や呼びかけなど、活動のための情報発信ができるコミュニケーションボード・パンフレットラック、打ち合わせ・ミーティングのためのミーティングスペース、チラシやポスターなどの印刷物を作成するための印刷機、活動のための種々の機材など、市民の活動に役だてるための設備を整えています。
→「館内案内」へ

市民活動のためのいろいろなセミナーやイベントが行われます。
 これから市民としての活動をはじめたいという人、活動のスキルアップをしたいという市民活動団体のために、さまざまなセミナーを実施します。
 
市民活動のための情報が整えられています。
 「資料コーナー」は、市民活動団体や行政が作成した資料や報告書などを収集・整理して公開しているほか、「さいたま市にはどんな市民活動があるのか」「市民活動をはじめるにはどうしたらいいのか」「助成金をうけるには」など、さいたま市の市民活動の情報が得られるコーナーです。さいたま市の市民活動の情報が得られるWebサイト「さポット」も開設しています。

市民と行政がいっしょに運営する施設です
 市民活動団体がおもに企画や運営管理を、行政がおもに建物の維持管理を「協働」で担います。市民が主体となって運営し、利用者懇談会や運営協議会の議論を通して、市民の声を活かし、市民とともに成長する施設をめざしています。

市民の議論の結果、できた施設です
 「市民活動サポートセンター整備検討委員会」や公募の市民によるワークショップグループなどが、2005年から2年間にわたってそれぞれ10数回にわたって開催され、さまざまな角度から、論議を重ねて検討した結果、できた施設です。
整備基本計画
page top